炭酸パックで赤ちゃんのようなたまご肌!

menu

炭酸パックでたまご肌

アボカド炭酸パックの作り方

アボカド炭酸パックの作り方を紹介します。

アボカドは豊富なビタミンやカリウムなどの保湿成分・美白成分を含んでいるのと同時にグルタチオンという抗酸化物質が含まれアンチエージングにも効果的だといわれています。

またアボカドは「森のバター」と呼ばれるほど油分が豊富で肌に水分を閉じ込め、弾力を与えます。実際、アボカドパックは使用後肌がしっとりとします。

しみやしわにも効果的だとか。エステでも使われているほどの食材なのです。

そして今回はアボカドパックに炭酸を加えて更なるパワーアップさせます。

作り方

材料

img_2197

アボカド(三分の一から半分)
はちみつ(スプーン一杯程度)
クエン酸(1g程度
重曹(1g程度)

アボカドはすりつぶすと粘りが出ますのでパックにするにはもってこいの材料です。

ただしアボカドはしっかりと熟したものを使うこと。熟すと黒っぽくなります。熟したアボカドは身が柔らかくなり弾力が出ます。

img_2198

こんな感じのものです。堅いのもを買ってしまったら常温で数日保存するとその間に熟してきます。

STEP 1アボカドを切ってすり潰す

img_2200

スプーンでくり抜いて

img_2201

すり潰す。

img_2202

こんな感じになるまで混ぜてください。

STEP 2 はちみつを加えて混ぜ合わす

img_2203

はちみつの粘りとアボカドが混ざり合ってパックの下地としていい感じになります。

img_2205

通常のアボカドパックはここで終了です。面倒くさければ、このまま使ってもOKです。

STEP 3 クエン酸と重曹を加えてまぜる

最後にクエン酸と重曹を加えて混ぜます。一人分だと1~2gづつ入れればいいのではないでしょうか。(ひとつまみ程度です)

img_2206

軽く混ぜ合わせます。あまり混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので全体にいきわたる程度で軽く混ぜます。

img_2208

 

ハイ出来上がり!

img_2209

アボカドパックの使い方

では作ったアボカドパックの使い方を紹介します。

基本的に顔に塗って5~10分程度おいておきます。

img_2211

そして時間が来たら、顔に塗ったアボカドを洗顔剤のように使いましょう。軽くこすり洗いする感じです。力は入れすぎないように。

img_2218

あとは水又はお湯で洗い流します。肌がとてもしっとりするのを実感できるでしょう。

ちなみにアボカドパックはお風呂で使うのがベストです。服やタオルに着くと洗濯が大変ですからね^^

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント