炭酸パックで赤ちゃんのようなたまご肌!

menu

炭酸パックでたまご肌

炭酸の効果~炭酸が美容にいい理由

炭酸には多くの美容効果があります。炭酸は肌に充分な酸素を供給することを促進し、また血管拡張作用があり、各細胞に血液の循環をスムーズにします。血液には酸素と栄養素という細胞活動に欠かせない成分が詰まっていますので血液の循環がスムーズになればより細胞はその生命力を増し元気になります。

肌も同じでより若々しく血色のいい肌に変わっていきます。また炭酸には肌の老化の元といわれる活性酸素を撃退してくれる効果もあります。炭酸の美容効果は人間本来の再生システムを引き出すことで行われますから、他の化粧品のように肌慣れして逆に肌の元気がなくなったという心配もないわけです。

また炭酸は人間が常に生成している成分で人間にはなじみの成分あり、副作用がありません。肌質の根底から改善してきれいな肌を手に入れようとする方にはもってこいの成分なんですね。

なぜ炭酸によって酸素が細胞に運ばれるか?

炭酸ガスとは、ご存知かと思いますが二酸化炭素の事です。二酸化炭素と人間の関係というと、酸素を吸って二酸化炭素を吐くという関係上どうしても不要物と言うイメージが強く、それで肌が若返ると言われてもちょっとピンと来ませんね。しかし意外にも二酸化炭素は体の中で重要な役割を担い、二酸化炭素は二酸化炭素で必要不可欠なものなのです。

炭酸が酸素を運ぶ?

ID-100279756

血管に流れる血液は、たくさんの酸素と栄養を体の各部に運ぶべく全身にくまなく流れ続けています。そして必要な部分に必要な酸素や栄養を送り込む事で、新陳代謝が正常に行われ全体として生命活動が維持できているのです。

ここで、血液が体の各部に酸素を送る事について、二酸化炭素は二つの役割を果たしています。一つは、二酸化炭素の血中濃度の変動によって各細胞へ酸素を供給できる量が変わること。

もう少し具体的にいうと人間の体は「二酸化炭素濃度の上昇」「血液のpHの低下」によって酸素の供給能力を高めます。

つまり二酸化炭素の濃度が増えるということは細胞の活動量(=酸素消費量)が上がったと体が判断して、より多くの酸素を細胞に送り込もうと働くのですね。

そして炭酸(二酸化炭素)が皮膚から血液に溶けこむことにより、「二酸化炭素濃度の上昇」と「血液のpHの低下」の二つを同時に満たせることとなります。そのため炭酸は酸素を細胞に送り込むために非常に重要な役割を果たすのです。

もう一つは二酸化炭素が血管拡張効果を持つために、そもそも末端へ血液が流れやすく、より多く流れるようにしてくれるのです。これはもちろん直接的に酸素を送り込むことを助けるほか、血管拡張により血管内の体積が増えると、そのままの血流量では血圧が下がってしまうために、心臓では血流量を増やすと同時に脈を上げて広がった血管を速やかに血液で満たそうとします。

これが血液内の酸素の絶対量を増やし、体温も上がるために酸素供給能力も増える事になり、何重にも効果を発揮するのです。

炭酸が肌に酸素を運ぶ

womenee

肌の新陳代謝が活発になるには、肌に充分な酸素が供給されなくてはいけません。そして人間は血液中のヘモグロビンに酸素を乗せて、各細胞へ酸素を供給しています。

しかし、このヘモグロビンで運ばれた酸素は運ばれただけで各細胞にいきわたるわけではありません。ヘモグロビンから酸素を取り出して、各細胞に提供する必要があります。つまり酸素の荷降ろしの作業をしなくてはいけないのですね。

このとき炭酸つまり二酸化炭素が活躍してくれるわけです。各細胞は活動に伴って二酸化炭素を排出しますが、この二酸化炭素は血液に溶けますが、酸素よりも20倍溶けやすいといわれています。

そしてこの二酸化炭素は、血液に溶けることによって血中のヘモグロビン内の酸素を外部に押し出す作用を生みます。より溶けやすい二酸化炭素が、酸素を血液から追い出してしまうのですね。

そしてその追い出された酸素を使い各細胞は活動を行うわけです。

活動量の多い細胞はより多くの二酸化炭素を排出しますから、より多くの酸素を受け取ることができるわけです。それにより活発な細胞の活動や新陳代謝を行います。

炭酸コスメはこのような二酸化炭素の効果を利用して、ヘモグロビンからの酸素放出を促し、新陳代謝を活発化し、肌を蘇らせます。より多くの酸素と栄養を血液から受け取ることができ、細胞の生命力が活性化するからです。

炭酸が血管を拡張して血液と酸素を肌に送る

細胞に血液がスムーズに運搬されなくなると細胞の活動は滞ります。肌でいうならば、カサカサの肌や血色の悪い肌を作りだすことになります。

炭酸には、血管拡張作用があり血液の循環をスムーズにしてくれる働きがあります。ヨーロッパでは古くからこの炭酸の血管拡張作用に着目して動脈硬化や心筋梗塞などの治療に用いているのです。

炭酸(二酸化炭素)は、各細胞において酸素の引換証になっていることはすでに説明しました。つまり炭酸ガスが発生しているということは、活発な細胞活動が行われていると人間の体は判断するわけですね。

そうすると体は当該部分に酸素や栄養素を積極的に運搬しなくてはいけないと血液を大量に送りこもうと判断します。その結果、血管が拡張されて血流が促進されるのです。

肌がきれいになるためには、細胞が積極的に活動し、新陳代謝を活発に行うことで新しい肌をどんどん作りだす必要があります。赤ちゃんの肌がとてもきれいなのは新陳代謝がとても活発で新しい肌がつぎつぎと生まれるからです。

年とともに人間の細胞の活動は停滞し、送りこまれる血流も若い頃に比べて滞りがちになりますが、炭酸によってその機能を回復させることができるのです。

まさに人間本来が持っている機能を利用して細胞活動を活発にし美肌に導いてくれるというわけです。

炭酸まとめ~外から中から綺麗になる

先に紹介した通り、炭酸ガスの化学的効果により血液量あたりの酸素供給能力を増す効果もあるため、相乗効果で大きな効果をもたらすことになります。もちろん、炭酸ガスが血液に溶け込んでいる状態であれば顔のマッサージなどの効果も上がることになります。

また酸素の供給の話とは別になりますが、この炭酸ガスの放出が肌を包む事は毛穴の汚れをかき出す効果や肌表面の古い細胞の排出を直接促す効果もあり、何重にも効果のある、スキンケアの観点では大変重要な炭酸ガスの性質だと言えます。

炭酸化粧品には化粧水などの基礎化粧品の他にはパックが特に多いですが、こういった効果を期待してのことなのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント