炭酸パックで赤ちゃんのようなたまご肌!

menu

炭酸パックでたまご肌

炭酸で肌のアンチエージング効果~肌の老化防止

肌の新陳代謝は年々衰えていきます。つまり古い皮膚細胞が新しい皮膚細胞に変わるスピードが遅くなるので古い細胞が残ってしまうということですね。

古い細胞は保湿力がないので、乾燥肌になりやすくなります。また保湿力のない肌は外部からの刺激を受けやすくなるため、肌トラブルを起こしやすくなります。

また肌の老化を引き起こす原因に活性酸素があります。活性酸素は不安定な分子構造をもっているため、他の細胞を傷つけて自身を安定しようと働きます。その結果、健全な肌が傷つき老化が進んでしまうというわけです。

そのため肌のアンチエージングには肌の新陳代謝を活性化すること、また活性酸素を抑制すること、この2点が重要です。

炭酸が肌の新陳代謝を活性化させる

肌の新陳代謝を活性化させるためには肌細胞に血液と酸素が十分に供給されたなければいけません。炭酸は炭酸の効果のページで解説したように、肌への酸素供給能力を高めると同時に血管を拡張して血液の循環を良くする働きがあります。

炭酸が多く発生している細胞は、通常活動量の多い細胞です。そこに体が反応して酸素と血液を送り込もうと働くのです。炭酸は、活動量の多い細胞の疑似環境を作り出し、使用箇所に酸素と血液を送り込ませることができるのです。

その結果、肌の新陳代謝を促進し若々しい肌を保つことができます。しかも人間の持っている生理機能の働きを利用し肌を根底から若返らせることができます。通常の化粧品よりも、より本質的に肌質を完全することができるのです。

炭酸が肌の活性酸素を抑制させる

さらに炭酸には肌の老化の原因であるといわれる活性酸素の活動を抑える働きがあり肌の老化に役立ちます。

活性酸素とは本来2つあるべき電子が一つしかないといった不対電子をもつ原子や分子のことを指します。

この活性酸素は不対電子であるが故とても不安定な状態にあり、暴れまわり他の細胞を傷つけます。そして自身を安定させるために他の細胞から電子をひとつ奪ってしまいます。

奪われた細胞は、今度は自分が活性酸素になり他の細胞を攻撃します。このようにして細胞が劣化していき老化を進行させます。

そこで活躍してくれるのが炭酸。炭酸は皮膚から血管に入り重炭酸イオンに分解されます。この重炭酸イオンは血液をアルカリ性にし酸性を好む活性酸素の働きを抑制してくれるのです。

炭酸が肌を根底から改善できるのはこのためなのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント